賃貸での子供の騒音

賃貸での子供の騒音について

賃貸物件での子供の騒音トラブル

賃貸物件には一つの建物の中に多くの家族が住んでいることになり、物音ひとつ立てれば上下と左右の部屋に音が伝わってしまうことにもなります。小さな子供さんがいるという場合には、自分が注意をしていても走り回ったり泣いたりとどうしても騒音を立ててしまうことになります。賃貸物件に入居する際には、後から騒音によって大きなトラブルとならないようにご挨拶に回っておくといいでしょう。1000円程度のちょっとしたお菓子を持って両隣と上下の階の部屋へ挨拶に行きますが、子供がいるということも忘れずに伝えておくようにします。

注意したい物件での騒音

賃貸物件での騒音トラブルは事件に発展する可能性があるくらい危険な物ですので注意が必要です。代表的なのが足音です。集合住宅の立て付けの問題もありますが上の階に住んでいる人は下の階の人にどれだけ響くかを知りません。その為引っ越した時は必ず下の人の所へ挨拶へ行き、気を付けますが響いたら教えて下さいよろしくお願いしますと手土産を渡します。挨拶があるのとないのとではその後の対応が全く変わってきます。また、掃除機や洗濯機を使う時間帯にも気を配りましょう。賃貸だとどんな人が住んでいるか分かりません。仕事をしていて夜しかできない場合もあるかもしれませんが、出来れば避けたい時間帯です。きちんとするのはお休みの日のお昼間に回して、平日は使い捨てのワイパー式の掃除用具で拭き掃除したり、小さい物は手洗いしましょう。

↑PAGE TOP